TALKNEWS!

誰かに話したくなる話題を届けるWEBマガ「トークニュース!」

旬な話題はトークニュースで。

 

ココナッツミルクでも認知症予防や免疫力アップ?効能やカロリーは?

 

ココナッツミルクでも認知症予防?

いま大ブームになっているココナッツオイル。

 

スーパーマーケットなどに並べば飛ぶように売れて品切れ店も続出。
少し収まってきた感もありますが
テレビで度々紹介されるなど相変わらずの人気です。

 

美容や健康、特に認知症予防にも効果的だと言われていますが
その多くの同じ健康効果がココナッツミルクでも
期待できるそうなんです。

 

                             

スポンサーリンク

              

提唱している順天堂大学大学・白澤 卓二教授によると

「認知症の改善に効果的と認められている物質の主成分の「中鎖脂肪酸」が
ココナッツミルクにも含まれている」

 

アルツハイマーでない健康な脳の人でも
摂取をすることで脳機能が向上することがわかってきたそうなんです。

 

先生いわく、

認知症予防にココナッツオイルばかりが注目されていますが
ココナッツミルクも同じく効果が認められ
より手軽に摂取できカロリーも低めとのこと。

 

手軽に購入できる食材なので今後ますます注目を集めそうです。

                            

スポンサーリンク

              

認知症は「脳の糖尿病」?

アルツハイマー型認知症患者の脳を調べたところ
エネルギー源となるブドウ糖がうまく使えなくなっていることがわかったそうです。

 

例えると、脳がブドウ糖というガソリンを使えなくなってガス欠に。

 

結果、認知機能が低下してしまうそうです。
糖尿病の進行と同じようなことから
認知症は「脳の糖尿病」とも呼ばれるそうです。

 

 

中鎖脂肪酸を含むココナッツミルク

そこで注目され始めたのが
ブドウ糖に代わるエネルギー源のケトン体。

 

このケトン体のカギとなる物質が
ココナッツミルクに豊富に含まれているそうなんです。

 

ココナッツミルクは成熟した乳白色の
ココナッツの実からできたおなじみの食材。

 

缶詰などで手軽に購入できますね。

 

そのココナッツミルクや多く含まれているという
認知症予防のカギとなる物質が中鎖脂肪酸。
中鎖脂肪酸は肝臓でケトン体に分解されて
脳のエネルギーになるそうです。

 

このケトン体が進行したアルツハイマー型認知症の改善・予防に
劇的な効果があるとされているそうです。

 

手軽に買える食材にこのような効果があるとは驚きです。

 

 

ココナッツミルクで免疫力アップやダイエットも

さらにココナッツミルクには
中性脂肪の燃焼やコレステロールの低下、動脈硬化、免疫力アップなど

ココナッツオイルを上回るかのような様々な効能が期待出来るそうです。

 

さらにケトン体が合成されていると
食欲が抑えられることもわかっているそうです。

 

カロリーの過剰摂取を抑制しダイエットにも期待出来るそうですよ。

                            

スポンサーリンク

              

手軽に摂取、ココナッツミルク

ココナッツミルクは毎日のコーヒーや紅茶などに入れて飲むと
手軽に摂取できるそう。

 

ココナッツミルクの成分が消費されるまでに
4~5時間ほどかかるので、朝に1杯、お昼に1杯の
1日2回飲むと良いそうです。

 

また料理では野菜炒めや卵焼きなどに加えると砂糖代わりに。
キムチなど発酵食品の場合なら
臭いも抑えて味もまろやかになるので
美味しく食べられてオススメだそうです。

 

 

ココナッツミルク缶

手軽に摂取できるココナッツミルク缶はこちら。
コクのあるココナッツミルクは
ドリンク以外でも煮込み料理などにも手軽に使えます。

 

 

ココナッツミルクのカロリーは

気になるココナッツミルクのカロリーは
【100gあたり約150kcal】だそうです。

 

しかし脂質を多く含んでいるので
体に良いからと過剰摂取した場合は
逆に肥満を招いてしまうのでご注意を。

 

 

スプーン1杯から手軽にできる健康&ダイエット食品として
ココナッツオイル以上に注目されるかもしれませんね。

スポンサーリンク

おすすめの話題もどうぞ!