TALKNEWS!

誰かに話したくなる話題を届けるWEBマガ「トークニュース!」

旬な話題はトークニュースで。

 

ローチョコレート通販お取り寄せは?│高カカオチョコレートの健康効果や1日食べる量などは?

 

ローチョコレート通販は? 

2017年2月6日のテレビ朝日系「グッド!モーニング」では
“脳が若返る”期待もあると今話題の「高カカオチョコレート」の特集が放送され、

 

さらに中でも特に注目という

ローチョコレート』も紹介されていました。

 

 
                             

 

高い健康効果が期待できると
今話題の高カカオチョコレート。

高カカオチョコレートとは”カカオ70%以上”

 

カカオプロテイン/カカオポリフェノールといったこれら成分が
通常のチョコレートより多く含まれているなどを指すそうです。

 

 

よく健康効果として挙げられているのが、

 

大腸がん予防

体に吸収されにくいタンパク質のカカオプロテインが大腸に届くことで
腸内をきれいにする菌が増えたという実験結果が出ているそうです。

 

 

高血圧の改善

カカオポリフェノールが体内に入ると
血液に入り血管を伝って全身を巡り、
血管を拡げて血圧を下げる効果が期待できるそうです。

 

 

脳の若返りに期待

内閣府の研究プログラムの中間発表によると
脳の若返りにも期待できるそう。

 

45~68歳の男女30人に高カカオチョコレート25g(板チョコ半分程度)を
4週間食べ続けてもらった結果、大脳皮質の量が増えたそうです。

 

1年で0.6減少するという大脳皮質が《増える》という実験結果で
増えた量から「2歳程度若返った」と言えるそうです。

                            

スポンサーリンク

              

注目の”ローチョコレート”

このような効果が期待できる高カカオチョコレートですが
中でもさらに注目というのが『ローチョコレート』(RAWチョコ)だそう。

 

通常のチョコレートはカカオ豆を100℃以上で焙煎するため
ビタミンCやミネラルといった栄養素が壊れてしまうそうです。

 

しかしローチョコレートは48℃以下でじっくり時間をかけて作るため
ビタミンなど失わずそのまま摂取が可能。
さらにビタミンCにはポリフェノールの酸化を抑える働きがあるので
ポリフェノールの効果が延長されるそうです。

 

RAWチョコレート通販は?

 

 

 

 

 

 

 

                            

スポンサーリンク

              

 

1日食べる量は?

1日食べる量は「毎日25g」が推奨量。
おおよそ板チョコ半分程度だそうです。

 

食べ方は?

ポリフェノールが血液中に増加するのは食べた後1~2時間でピークを迎え、
その後3~4時間経つと無くなってしまうそうです。

 

なので1度に25g食べるのではなく
1日数回に分けて食べるのがおすすめだそうです。
ローチョコレートの場合は
これより長い持続時間が期待できますが
やはり数回に分けて食べるのが良さそうですね。

スポンサーリンク

おすすめの話題もどうぞ!