TALKNEWS!

誰かに話したくなる話題を届けるWEBマガ「トークニュース!」

旬な話題はトークニュースで。

 

いたばし花火大会(戸田橋花火大会)見える場所おすすめスポットは?有料席情報は?

 

いたばし花火大会

 

東京・荒川の河川敷で開催される

いたばし花火大会

 

埼玉県戸田橋側の戸田橋花火大会と
2大会同時開催で知られる花火大会。
両大会とも約6000発の合計1万2000発が打ち上げられ
合計で約94万人もの見物客が集まります。

 

都内最大級の尺五寸玉やフィナーレを飾るウルトラスターマインなど
迫力満点の多彩な花火が両岸から打ち上がります。

 

その2大会のうち東京側いたばし花火大会をメインに
おすすめ観覧場所などチェックしてみましょう。

                             

スポンサーリンク

              

いたばし花火大会の日程時間は?

2016年開催 第57回いたばし花火大会

  • (戸田橋花火大会同時開催)
  • 開催日:2016年8月6日(土)
  • 悪天候時は翌日に順延
  • 時間:19:00~20:30

 

打ち上げ場所:

戸田橋付近・板橋側河川敷が打ち上げ場所になります。

 

最寄り駅・アクセス

  • JR埼京線浮間舟渡駅から徒歩30分
  • 都営三田線高島平駅・西台駅・蓮根駅から徒歩30分

 

 

有料指定席情報

それでは有料観覧場所情報や無料観覧スポットなど
花火が見えるおすすめ場所をみていきましょう。

 

会場の臨場感をゆっくり味わうなら有料指定席ですね。
板橋側では1枚ずつ購入可能なスタンド席、
芝生斜面のイス席とシート席が選べる
グループ席が用意されているようです。

 

いたばし花火大会有料指定席

  • 2016年6月25日(土)10時から販売開始予定。
  • スタンド席:2100円~
  • グループ席:2万800円~

  tabashi_info

 

チケットぴあ:0570-02-9999  

                            

スポンサーリンク

              

おすすめ無料観賞スポットは?

当日ゆっくり観賞するなら有料席が最適ですが
いたばし花火大会は立ち入り禁止エリアが少ないので
こだわらなければどこからでも見物可能です。

 

おすすめの無料観覧場所はこちら。 

 

板橋側河川敷の野球場

 

まずはこちら。

荒川の下流側になる軟式野球場と
硬式野球場の広いスペースが開放されます。

 

絶好のビューポイントで無料スポットの中でも人気の場所。
こちらは終了すると退場規制があるようなのでご注意を。

 

 

 

芝生広場

 

板橋側陸上競技場の上流になる芝生広場が
観覧場所として一般開放されます。

 

打ち上げ会場から目と鼻の先になるので
打ち上がる花火は迫力満点!
無料観覧スペースの中でも屈指の人気場所なので
当日昼過ぎには場所取りが始まっているようですね。

 

早めの到着を予定しましょう。

 

 

 

野草広場

 

 

芝生広場より打ち上げ場所がやや離れますが
比較的混雑も少なく行き帰りもラクな場所のようです。

 

 

 

板橋河川敷土手の上

 

 

メイン観覧場所の板橋河川敷が最も見やすい場所になりますが
それだけに場所取りも激戦区。

 

ただ特に座って見ることにこだわらなければ
戸田橋付近にある土手へのスロープから先のエリアなら
どの位置からでも花火がよく見えます。

 

開始時間に出遅れた方などこの付近で見物するのも良さそうです。

 

 

まとめ

立ち入り禁止エリアが少ないのであまりマニアックな場所でなくても
いたばし花火大会は普通に見物できるようです。

 

ただ大会終了時の板橋側だとJR浮間舟渡駅と
地下鉄西台駅あたりが大変混雑するようなので
蓮根駅や高島平駅などへ迂回するか、
少し早目に帰る準備をするなどしたほうが良さそうですね。

この話題もオススメ!

スポンサーリンク